スミセイからオリに保険を切り替えたのです。

スミセイからオリに保険を切り替えたのです。

社会保険の概要について

社会保険の概要について記事を作成させていただきます。記事をご覧いただいて、社会保険に対する理解を深めて下さい。社会保険は、狭義の社会保険と労働保険の2種類に分類することが可能です。狭義の社会保険は医療保険、介護保険、年金保険などが該当します。医療保険の中には、健康保険、国民健康保険、後期高齢医療制度などがあり、年金保険には国民年金、厚生年金保険があります。労働保険には、労働者災害補償保険(労災保険)、雇用保険があります。

社会保険料の負担として、民間のサラリーマンの場合には、保険料は労災保険を除き事業主と従業員で負担します。会社は従業員の給料から保険料を天引きし、会社負担と合わせて納めます。つまり、健康保険、介護保険、厚生年金保険は労使折半になり、労災保険は全額事業主が負担することになってます。医療保険は、日本国内に住所を有する全ての人が何らかの形で公的医療保険制度に加入することになっています。公的医療保険は75歳未満と75歳以上では分かれてきます。75歳未満では、健康保険、国民健康保険があり、75歳以上になると後期高齢医療制度に加入することになります。健康保険は全国健康保険協会、健康保険組合が保険者となっており、国民健康保険は、市区町村、国民健康保険組合が保険者となっています。

関連サイト