スミセイからオリに保険を切り替えたのです。

スミセイからオリに保険を切り替えたのです。

マンション投資をしている人が加入する賠償責任保険

自宅が火災になった場合に備えるのが火災保険になります。こちらにはぜひ個人賠償責任の特約をつけておきましょう。これをつけておくともし水漏れで下の階の人に損害を与えた場合に損害賠償することができます。一戸建てでお風呂の水が漏れたとしても自宅しか影響がありません。しかしマンションの場合は下に住宅があれば当然そちらに影響を及ぼします。賃貸においても物の損があります。その損害賠償を請求されることがあるのです。

ある人はマンション投資をしていました。賃貸に出していたのですが、貸していた人がお風呂の水を下の部屋に流してしまいました。下の部屋は水浸しで損害賠償請求をされました。非常に大きな金額だったのですが、住んでいた人はそれが払えないとのことで結局持ち主であるオーナーが対応することになりました。その対応のために投資用で持っていた物件を売却しなければならなくなりました。個人賠償責任では事業用の損害は対応してくれません。

投資マンションを保有している人は施設賠償責任と言われる商品に加入するといいでしょう。そうすれば自分で住んでいなくても貸している賃貸マンションやオフィスなどでの損害で給付が受けられます。それほど料金も高くありません。